『AGA』という言葉、よく聞くようになりましたね!電車の広告などでよく見かけます。

AGAとは男性型脱毛症のAndrogenetic Alopeciaの略です。

 

以前は『生理現象』としてあきらめていたものですが

近年は有効性が明らかとなった(エビデンスがある)治療が出てきています。

 

今回は『エビデンスに基づく治療法』として

注目のザガーロ(デュタステリド)についてお話したいと思います。

(女性型脱毛症には使用できません)

男性型・女性型脱毛症に関する基本情報はこちら

 

目次

・ザガーロってどんなお薬??

・ザガーロの作用機序

・ガイドラインでのザガーロの位置づけ

・副作用や注意点

・他の治療との組み合わせ ミノキシジルなど、、、

・最後に

 

ザガーロってどんなお薬?

『ザガーロ』(一般名:デュタステリド)はグラクソ・スミスクライン株式会社が販売する医薬品です。

前立腺肥大症の治療薬の『アボルブ』と同じ成分で、前立腺肥大症に対しては保険適応があります。

 

男性型脱毛症に対しては保険適応ではありませんが、その効果は実証されています。

2015年9月に厚生労働省の承認がおりており、比較的新しい薬と言えるでしょう。

 

ザガーロカプセル0.1㎎と0.5㎎があり、0.5㎎の有効性は特に高いと考えられています。

 

ザガーロ0.5㎎ 30日分 10,000円 その他脱毛症治療薬の料金はこちら

 

ザガーロの作用機序

怪しい民間療法がある中、なぜザガーロが効果があるのか??

その作用機序についてさっくりご紹介します。

 

男性ホルモンの一種であるテストステロンですが、これはさらに体内でジヒドロテストステロン(DHT)へと変化します。

 

実はこのDHTが男性型脱毛症の原因の一つとなっていることが分かっています。

ヘアサイクルの成長期が短縮し、毛も細くすることに関与していると言われるDHT。

この生成するルートを阻害するのがザガーロです。

フィナステリドというお薬をご存知でしょうか?

フィナステリドもこの【テストステロン DHT】のルートを阻害しますが、阻害するのは上図の2型5α還元酵素のみです。

両方阻害するザガーロのほうが効きそうですよね\( ‘ω’)/

実際に薬の効果を判定する試験でもフィナステリドよりもデュタステリドのザガーロのほうが効果が高かったというデータが出ています。

(特に前頭部にはザガーロのほうが効果が高いともいわれますが、更なる研究が必要な段階です)

 

効果が出るのには個人差がありますが、半年程度で効果を認めるでしょう

ガイドラインでのザガーロの位置づけ

『男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版』

においてはザガーロはもちろん!!『強く勧める』の推奨度Aです。

まずは推奨度Aのフィナステリドかザガーロの内服、ミノキシジルの外用が治療の基本となります。

 

ただし女性型脱毛症には推奨度D『行うべきではない』なので注意してくださいね。

 

副作用と注意点

臨床試験は20歳以上の成人男性を対象としているので、

未成年での内服は注意が必要です。

 

また、現時点では胎児への影響を考慮して女性の場合は禁忌となっていますので、基本的には処方できません。

カプセルから漏れた薬剤に女性、小児が触れた場合はすぐに洗うこと!

と添付文書にありますので管理にも注意が必要です。

 

前立腺癌のスクリーニングに用いられるPSA値ですが、本剤はPSA値に影響が出るため値の信頼性が落ちます。

検診などの前には必ず担当医師に本剤を内服している旨をお伝えください。

 

主な副作用としては性機能不全、他に抑うつや発疹などが少数認められています。

 

ほかの治療との組み合わせ

AGAの治療は、まずはガイドラインで推奨度Aの治療から始めます。

つまりザガーロかフィナステリドの内服+ミノキシジル外用ですね。

ミノキシジル外用は女性には2%または5%と男性には5%または15%

と症状に合わせて濃度を調整できます。

患者様の状態にあったものを処方いたします。

 

更に、効果が十分ではない場合にLED照射など有効性が認められている治療を組み合わせていくことが可能です。

 

当院ではミノキシジルタブレットも販売しておりますが、他の薬で効果が十分でないと判断した場合に処方するようにしております。

副作用として『全身の多毛』『血圧低下』があるため、内服後のアフターフォローを十分に行う必要があります。

 

 

最後に…

AGAには民間療法もたくさんあり、その中には効果が期待できないようなものも混ざっています。

どの治療法が効果があるのか、を見極められず、医療機関受診へ躊躇されている方も多くいらっしゃるでしょう。

そんな患者様へ、安全で確かな効果がある治療があることを知っていただきたいと思います。

 

また当院にいらした患者様で

他院ではAGAとして治療を受けていたのに、実際に診察してみるとAGAではなく、他の脱毛疾患であった!

という患者様もいらっしゃいました。

 

脱毛となる他疾患の除外を含めた診断はとても大切です。

AGAは信頼できる医療機関でご相談ください!

ぜひ、一緒に悩みを解決していきましょう。

あつた皮ふ科クリニック