AGAと女性の薄毛

AGAについて 抜け毛・薄毛対策

AGA

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」という意味です。男性型脱毛症は思春期以降に始まり、徐々に進行する脱毛のことです。 AGAは生理現象として見過ごされがちですが、外見上の印象を大きく変えるため、生活に著しい支障をきたしている場合も多くあります。 AGAについては以前より科学的根拠に乏しい民間療法が出回っていますが、近年では有効な治療薬が開発されています。ぜひ信頼できる医療機関で、科学的根拠のある抜け毛・薄毛対策をしていただきたいと思います。

AGAを発症する原因は?

AGAの原因は、男性ホルモンと遺伝子の2つだといわれています。 男性ホルモンのひとつであるテストステロンの一部が毛乳頭細胞に取り込まれると、変換酵素の作用でより活性の強いDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されます。DHTが毛乳頭細胞内の受容体に結びつくと脱毛を促すシグナルを出し、髪の毛の成長期が短くなって脱毛を繰り返すことになるのです。 成長期が短くなると、毛が硬く成長する前に抜けてしまうので、産毛のような軟毛が増加します。AGAを発症すると、このように抜け毛が増えて薄毛になります。

男性型脱毛の治療

男性型脱毛に関しては、研究が進んでいます。有効性の高いフィナステリドやデュタステリドといった内服薬や、ミノキシジル外用薬が第一選択となります。

■内服薬

フィナステリド

フィナステリド

日本人の研究においてAGAに有効性が高い薬です。 男性ホルモンがジヒドロテストステロン(強力)に変換するのを抑える薬です。 女性型脱毛には無効です。
ザガーロと比較すると効果発現は遅くなりますが、最終的な効果は同等といわれておりますので、予防などに用いるにはまずこちらをおすすめしております。

【副作用とリスク】
性欲減退 など

ザガーロ(デュタステリド)

日本を含めた国際的な研究において、その有効性が高いことが証明されています。男性ホルモンがジヒドロテストステロン(強力)に変換するのを抑える薬です。前立腺肥大症の治療薬の『アボルブ』と同じ成分で、前立腺肥大症に対しては保険適応があります。

男性型脱毛症に対しては保険適応ではありませんが、その効果は実証されています。ザガーロカプセル0.1㎎と0.5㎎があり、0.5㎎の有効性は特に高いと考えられています。40歳以上で脱毛が進行している方はデュタステリドの方が有効です。フェナステリドと比較して、効果発現が早いというメリットがあります。

※AGAの内服薬には、性欲の減退などの副作用がありますので十分にご理解いただいた上で服用をご検討ください。

【副作用とリスク】
性欲減退 など

■外用薬

5%ミノキシジル外用

日本人の研究でミノキシジル外用の有効性が証明されています。
男性型脱毛の場合、2%ミノキシジルに比べ5%ミノキシジルの方が有効性が高いことが分かっています。


【副作用とリスク】
かゆみ・肌荒れなど

アデノシン外用

男性型脱毛に対しては5%ミノキシジルと同等の効果があるとの報告があります。
ミノキシジル外用が無効、または使用できない場合に有効です。

女性型脱毛の治療

女性型脱毛の場合は、男性型脱毛に比べ研究が進んでおらず、男性型脱毛よりも選択肢は狭く、ミノキシジル外用が中心的な治療となります。

■外用薬

2%ミノキシジル外用

2%ミノキシジル外用

日本人の研究でミノキシジル外用の有効性が証明されています。 5%ミノキシジルでは女性の場合有効性よりも副作用が増える点で推奨されません。

【副作用とリスク】
かゆみ・肌荒れなど

男性型/女性型脱毛 共通する治療薬

■外用薬​

他の治療が無効な場合や補助的な役割として使用します。

カルプロニウム塩化物外用

カルプロニウム塩化物外用

血管拡張作用による育毛効果が期待されています。日本皮膚科学会が発表した“男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン”では、「行ってもよい」とされるC1ランクに位置付けられています。

t-フラバノン外用

育毛促進効果、抜け毛の抑制において効果が期待されています。日本皮膚科学会が発表した“男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン”では、「行ってもよい」とされるC1ランクに位置付けられています。

サイトプリン・ペンタデカン外用

ともにタンパク質の生成を促すことで、育毛の効果が期待されています。日本皮膚科学会が発表した“男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン”では、「行ってもよい」とされるC1ランクに位置付けられています。

ケトコナゾール外用

ケトコナゾール外用は抗真菌剤です。日本皮膚科学会が発表した“男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン”では、「行ってもよい」とされるC1ランクに位置付けられています。副作用が軽微です。

■サプリメント(内服)

薄毛サプリメント ビビスカルプロフェッショナル

錠剤イメージ

海外での臨床試験で効果が実証されている、海洋性タンパク質複合体のサプリメントです。1日2回、1錠ずつ服用します。ビビスカルプロフェッショナルは、女性の薄毛に対して特に有効といわれています。日本では2019年に発売されたばかりの新しいお薬です。

その他

■自毛稙毛術
近年では世界全体で非常に多くの自毛の稙毛が行われておりその80%以上で生着しています。
他の治療法が無効であった場合には、有効な手段の一つとされます。

LED(キューブライト)

■LED 低出力レーザー キューブライト
CUBE LIGHTは、光エネルギー療法に基づくスキンケア機器です。医療用LEDを使用することにより、熱によるダメージ、光老化や創傷の可能性を減らすことが可能になりました。 有害な紫外線がなく、副作用の発生がすくないのが特徴です。また低エネルギーで目や皮膚の組織にダメージを与えません。シミ・しわ・たるみへのエイジングケア、ニキビ菌の殺菌と血行とリンパの流れの変化など、肌の治癒力と肌代謝を促す施術です。

AGA治療の流れ

1.Webやお電話にてご予約ください。初診の方でもご予約は可能です。
↓
2.診察の前に、患者様のお悩みやご希望についてカウンセリングを行います。また、治療の流れについてご説明いたします。
↓
3.カウンセリング内容を踏まえて医師の診察を行い、治療方針を決めていきます。
↓
4.問診後、院内処方にてお薬をお渡しします。お薬をまとめて渡すことも可能です。 患者様の金銭的な負担を軽減するため、本当に必要なお薬だけを処方するのが当院のモットーです。

※AGA治療は自由診療です。健康保険の適用はありませんが、念のため健康保険証をご用意ください。

Q&A

Q.AGA治療薬の副作用はどのようなものがありますか?

A.ミノキシジル外用薬には、かゆみ、紅斑、落屑(フケ)などの皮膚症状が、プロペシア・デュタステリドには男性機能への影響、肝機能低下などの症状が副作用として報告されています。異常があればただちに医師までご相談ください。

Q.漢方は取り扱っていますか?

A.日本皮膚科学会が策定している診療ガイドラインに、漢方薬の記載はありません。ほかの治療法のほうが高い効果があると考えるため、当院では取り扱っておりません。

Q.かつらの使用は治療に影響しませんか?

A.かつらを使うと蒸れて治療に悪影響が出るかもしれない、と心配される方もいらっしゃいますが、問題はないのでご安心ください。かつらはQOL(生活の質)の向上に役立つアイテムです。

Q.薄毛や抜け毛に効果がある食べ物はありますか?

A.亜鉛が細胞分裂や新陳代謝に影響するといわれており、欠乏すると脱毛がすすむことがあります。亜鉛を多く含む食品には、大豆やごま、卵、玄米、牡蠣などがあります。これらの食品を日常的にバランスよく取り入れるようにしましょう。

Q.信頼できる治療法を探す方法はありますか?

A.日本皮膚科学会が科学的根拠に基づく診療ガイドラインを発表しています。ガイドラインではさまざまな治療法を、「行うよう強くすすめる」のA評価から「行うべきではない」のD評価までの推奨度で示しています。

まずはお気軽にご予約・お問い合わせください

正しい情報と確かな治療で、患者様の健やかなお肌を守るお手伝いができれば幸いです。
少しでも気になるところがあれば、ぜひ当院までご相談ください。