脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎とは

脂漏性皮膚炎イメージ

脂漏性皮膚炎とは頭や顔などの皮脂の分泌が多い場所に発症する病気です。本来、皮脂は皮膚や髪の毛を保護し、潤す働きがあります。しかし皮脂の分泌量が多いと、ニキビができたり、炎症をおこすケースがあります。脂漏性皮膚炎では、こういった分泌量が多い場合にカビが原因で炎症を起こし地肌が赤くなり、頭皮だとかゆみやフケがたくさん出るようになります。

脂漏性皮膚炎の原因

脂漏性皮膚炎は、皮膚に常在しているマラセチアというカビ(真菌)の一種が発症に関与していることが認識されています。なので、頭皮や髪の生え際、眉間やほうれい線、脇の下などの皮脂の分泌が多い場所に発生します。ただし、マラセチアがすべての人に対して脂漏性皮膚炎を引き起こすわけではありません。皮脂の分泌状況や、湿潤状況など、さまざまな要因が真菌にとって好条件になった時に発症するとかんがえられています。

治療方法

塗り薬イメージ

治療方法としては、弱いステロイド外用剤(塗り薬)で症状を緩和させますが、かゆみがひどい場合は強いステロイドに変更します。またマセラチア菌というカビが原因の可能性が高いので、抗真菌も併用する場合があります。 炎症がおさまれば、ステロイドの使用頻度を減らし、抗真菌薬が含まれるケトコナゾールという塗り薬が使用されます。 脂漏性皮膚炎は皮膚の脂質が多い環境で発症しやすいので、普段の生活で洗顔や洗髪を適切に行うことが重要です。また日常生活のストレスが原因で皮脂の量が増えることもありますので、普段の十分な睡眠や疲れをためすぎないように生活を送ることが重要です。

まずはお気軽にご予約・お問い合わせください

正しい情報と確かな治療で、患者様の健やかなお肌を守るお手伝いができれば幸いです。
少しでも気になるところがあれば、ぜひ当院までご相談ください。