ジュベルック

ジュベルックとは?

  • ニキビ跡の凹みをピンポイントで目立たなくしたい
  • 首・目元・こめかみのシワを消したい
  • 肌のハリの無さ、細かいシミに悩んでいる

このようなお悩みの方は、ジュベルックが適応です。

名古屋でニキビ跡の治療なら、あつた皮ふ科クリニックまでお気軽にご相談ください。

ジュベルックの特徴

ジュベルックとは、ポリ乳酸を主成分とする物質であり、肌内部に注入することでコラーゲンの生成を促進し、美容目的で広く利用されています。ヒアルロン酸と同様の使用法で利用できます。韓国では人気がある製剤です。

当クリニックでは、日本の厚生労働省に相当する米国FDAや韓国KFDAの承認を受け、エビデンスと安全性が確認されたポリ乳酸製品「ジュベルック」を採用しています。

ジュベルックが有効なニキビ跡のタイプ

ジュベルックは、主にボックス型やローリング型の跡に有効であり、特にローリング型はサブシジョンとジュベルックを組み合わせることで最適な結果をもたらします。

ニキビ・ニキビ跡について詳しく知りたい方はこちら

 

ジュベルックの作用機序

ジニキビ跡のくぼみにジュベルックを注入すると、ポリ乳酸が自然と体に溶けてなくなる途中でコラーゲンが増加します。コラーゲンは肌の水分や弾力を増やす効果によりニキビ跡のくぼみが浅くなるという効果が期待できます。

ジュベルックの特徴

効果の持続性

注入した後は2年程度かけて、自然に体の中で溶けてなくなります。そのため、ジュベルックは間隔をあけて、3回程度注入すると効果が長持ちします。

浅い層に打っても違和感が出にくい

ヒアルロン酸などの注入系の治療は、素材自体にある程度の硬さがあり、首のシワ改善などの目的で浅い層に注入した場合、表面がボコボコするなどの見た目の違和感が出てしまいます。しかし、ジュベルックは注入してもボコつきが少ない為、首などの部位にも適しています。

他の施術との組み合わせ

特にローリング型のニキビ跡では、凹みの下の硬い繊維を物理的に除去しなければ、ジュベルックのような治療法だけでは十分な効果が得られないことがあります。また、切られた繊維は自然に再度癒着してしまう可能性もあります。

そのため、サブシジョンによる筋繊維の切断後にジュベルックを注入することが必要です。

当院がジュベルックを導入した理由

ジュベルックは、マックームと同じくPLLA(ポリ-L-乳酸)が主成分の注入剤です。当院では、これまでニキビ跡の凹みや肌の張り、小じわ、毛穴の開きなどの治療にマックームをポテンツァで導入し、その有効性を確認してきました。しかし、マックームはポテンツァで広範囲に少しずつ注入することは問題ありませんが、医師が注射器を使用して気になる部分に多くの量を注入すると、しこりのように感じられるリスクがあり、部分的な治療が難しいという課題がありました。
ジュベルックは、注射器で一部分に使用しても、しこりや盛り上がりが出にくく、安全に使用できます。これは部分的に気になる箇所にしっかり効果を発揮するため、例えば目回りや口周りの小じわ、鼻や顎などの顔の一部分にニキビ跡の凹みが気になる方に特にお勧めの施術です。

料金

範囲価格
1cc27,500円
両頬(2cc)55,000円
全顔(3cc)77,000円

お気軽にお問い合わせください

正しい情報と確かな治療で、患者様の健やかなお肌を守るお手伝いができれば幸いです。
少しでも気になるところがあれば、ぜひ当院までご相談ください。