巻き爪・陥入爪

巻き爪・陥入爪とは

爪水虫(爪白癬)

巻き爪は、足の爪が伸びるのに伴い、丸みを帯びるように成長してしまい、皮膚に影響を及ぼす症状をいいます。原因には、爪水虫や窮屈な靴、外傷などが考えられますが、不明な場合も少なくありません。程度によって、痛みのあるものとないものとがあります。痛みが出るようになると、治療が必要です。ただ、痛みがなくても見た目が気になる方もいらっしゃいます。 陥入爪は、爪の側面の端が皮膚に食い込み、痛みを生じる症状をいいます。巻き爪を伴っている場合と伴っていない場合とがあります。また、先天的なものと後天的なものに分けられます。 先天的なものとしては、「生まれつき指の横幅に対して爪の横幅が大きすぎて、爪が皮膚に食い込みやすい」といった症例が挙げられます。 後天的なものとしては、「深爪によりつま先の皮膚が炎症を起こし、腫脹して爪が食い込む」「外傷で爪が曲がって生え、皮膚に食い込む」「ひょう疽(爪郭に細菌感染したもの)が治りきらず、肉芽になってしまう」といった症例が挙げられます。 巻き爪や陥入爪は、少しのきっかけで老若男女問わず発症します。誤った自己処置で悪化してしまうこともあります。異常があれば、お近くの皮膚科・形成外科を受診されることをお勧めします。

当院における巻き爪・陥入爪の治療法

ワイヤーによる矯正

爪の先に小さな穴を開けて、超弾性ワイヤーを挿入します。ワイヤーの真っ直ぐになろうとする力を利用して、巻いた爪を平坦化するためです。ほとんどの方は、ワイヤー挿入後すぐに痛みがなくなります。爪が伸びたら爪を切ってワイヤーを付け替えます。2ヶ月に1度通院していただき、この処置を行います。時間がたつと再発する方もいらっしゃるため、安定的に巻き爪が改善されるまで治療を継続します。

プレートによる矯正

ワイヤーによる矯正は、ある程度爪が伸びていないと施術できません。そのため爪が短い場合は、爪の中央部に形状記憶合金のプレートを貼り付けて矯正します。痛みが改善したところで、爪を伸ばしていただき、その後ワイヤーによる矯正に切り替えていきます。

抜爪

指の根元に局所麻酔をして、爪の食い込んでいる部分を抜爪します。爪を全部抜くわけではないので、歩行に支障はありません。1週間程度で傷は落ち着きますが、爪が伸びると数ヶ月で再発する方もいらっしゃいます。「数日後に旅行を控え、すぐに痛みを取りたい方」「手術後の処置通院ができない方」「数ヶ月後に手術できるが、それまで応急処置をしておきたい方」などに向いています。

お気軽にお問い合わせください

正しい情報と確かな治療で、患者様の健やかなお肌を守るお手伝いができれば幸いです。
少しでも気になるところがあれば、ぜひ当院までご相談ください。