重症・繰り返すニキビの治療

重症ニキビ外来

当院のニキビ治療の特徴

当院のニキビ治療の特徴

ニキビというと炎症を起こしている「赤ニキビ」や「膿んでいる黄色いニキビ」を目立たない状態にしたいという方が多いと思います。もちろん炎症を抑えることは重要ですので、日本皮膚科学会ガイドラインが推奨しているような抗炎症剤を中心に治療を開始します。
ただし、そもそものニキビの原因は毛穴のつまり(角栓)です。抗炎症剤だけ使用し、原因に対処しないと、いつまでもニキビを繰り返す、繰り返すうちにニキビ跡の凹凸や赤みが残ってしまったと悩まれて来院される方も多いです。初期で軽症の方の多くの方は洗顔や保湿剤の選択、外用薬(保険診療の治療薬:後述)で予防が可能です。
ただし、通常の治療では改善しない難治性ざ瘡や集簇性ざ瘡と呼ばれる方もいらっしゃいます。当院では、保険診療の治療で改善しないニキビの方に、自費診療の海外のガイドラインや日本のガイドラインで推奨されているイソトレチノインやレーザー治療なども行っております。
名古屋で重症・繰り返すニキビでお悩みの方はあつた皮ふ科までご相談下さい。

ニキビとはなにか?

ニキビとはなにか?

ニキビは皮膚の慢性炎症性疾患です。毛穴の中に皮脂がたまることで毛穴の先がつまり、毛穴の中のアクネ菌が炎症を起こします。ニキビには毛穴の先が閉じた白ニキビ、毛穴の先が開いた黒ニキビ、炎症を起こした赤ニキビがあります。炎症がひどいと、皮膚の下に膿がたまった袋ができたり、大きくしこりのあるニキビになったりします。炎症がひどいニキビの場合は、ニキビがひいても赤みがしばらく残ったり、ニキビ跡が肌に残ってしまったりすることもあります。

中学生から大人のニキビの原因

中学生ごろにできるニキビの原因は皮脂の過剰分泌が元に角栓(毛穴のつまり)を生じることです。ニキビを予防するには、洗顔で過剰な角栓を取り除きましょう。大人のニキビの原因には、ストレスと化粧が関与しています。ストレスによってホルモンバランスが崩れ、皮脂分泌のコントロールがうまく機能しないことがあります。さらに、髪の毛が付いたりや手で触れること、紫外線や温熱ストレス、リンスのすすぎ残し、間違った保湿剤の選択などが悪化させることが知られています。

ニキビ治療チャート

当院の治療法

ニキビ鎮静治療

イオン導入

電気のプラス・マイナスを利用して、ビタミンCなどの有効成分を効率的、効果的に肌の奥まで浸透させる施術です。
肌の表面の角質層には、外部からの異物が侵入するのを防ぐためのバリア機能が備わっているため、通常美容成分をただつけるだけでは肌の深部まで浸透していきません。微弱な電流を流すことで皮膚の電化に変化を与え、イオン化した成分が反発することなく皮膚に浸透しやすくしていきます。
当院ではニキビの炎症を抑えるトラネキサム酸、炎症でくすんだ肌に明るさを取り戻すビタミンCの導入を行います。ニキビの出来にくい肌作りやニキビでくすんだ肌に透明感を取り戻す一助となります。もちろんニキビのない方にも有効です。
ケミカルピーリングと組み合わせて行うとで、成分がより浸透しやすくなります。また、成分が肌から失われるのは約2週間と言われているため、2週間おきの施術をおすすめいたします。

•ビタミンC
コラーゲン生成・メラニン抑制・皮脂コントロールなどの働きが活発になり、健康な肌状態を取り戻します。美白効果、脂性肌の改善、肌の張りの改善などが期待できます。

トラネキサム酸
肝斑に効果があるトラネキサム酸。肝斑が気になる方、美白・保湿をよりお求めの方におすすめです。また、炎症を抑制するため、日焼け後にも適した施術です。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、肌の古い角質を除去する成分で肌のターンオーバーを正常化しニキビにアプローチしていきます。さらに、皮脂分泌を抑え、毛穴や肌のごわつきなども同時に改善します。その強さはピーリング剤の種類によって異なり、その方にあった成分や時間、方法を選ぶことが重要です。保険のお薬ではトラブルを起こしてしまう方や、効果が不十分である方にさらなる一手として、当院ではサリチル酸マクロゴールを用いたケミカルピーリングをご用意しました。
サリチル酸マクロゴールは十分な効果を保ちつつ刺激が少ないのが特徴です。
施術後は多少の赤みが出ます。

ニキビの化粧水にはVC lotion

VCローションは、ビタミンCを肌に浸透しやすい状態にした、医療用の「ビタミンC誘導体」配合の化粧水です。ニキビ、だけでなく美白、くすみ、毛穴のざらつき・開きに効果が期待できます。ニキビにお悩みの方は、VCローションを継続使用するとよいでしょう。

こんな症状におすすめです

●保険のニキビ治療では効果が得られなかった方

●早くニキビを治したい方

●くすみ

●炎症による赤み

●美肌を求める方

なかなか治らない難治性ニキビの治療

難治症の方に飲み薬(イソトレチノイン)(自費)

ビタミンA類似薬のイソトレチノイン(ロアキュタン・アキュテインの成分)は、皮脂の分泌を抑え、抗炎症効果もあり、集簇性ざ瘡と呼ばれる重症ニキビにも効果があります。 海外では、集簇性ざ瘡の治療薬としてガイドラインにも記載されている欠かせない薬です。投与により99%以上の患者様に効果を認め、一定期間内服後は、再発率も低下するというデータがあります。
当院では、イタリアで製造・日本の大手輸入代理店経由で輸入したものを処方しております。(※インド製、中国製などは使用しておりません)

1日1回内服(税込)
10㎎ 1ヶ月分 13,200円
20㎎ 1ヶ月分 19,800円

■内服の注意点、副作用
ロアキュタンの成分「イソトレチノイン」には催奇性(服用中に妊娠すると胎児に影響がある)があります。内服中および女性は中止後6カ月、男性も中止後1ヶ月は避妊をしていただきます。
その他副作用として、口唇が乾燥することが多いです。稀ですが、皮膚粘膜の荒れ、肝障害、過骨症、頭蓋内圧亢進が記載されております。
処方前・処方後1ヵ月・3か月・6か月時には採血を行うことで副作用が出ていないかを確認しております。

■この治療で使用されるイソトレチノインは、日本国内では医薬品医療機器等法上の承認を得ていない未承認薬です。製造元:イタリアのRecordi Ilac社より輸入。

関連ブログ
ニキビ治療の内服薬 ロアキュタン
※【追記】イソトレチノイン | あつた皮ふ科クリニック (atsuta-skin-clinic.net)

ニキビ跡の凹凸の治療

エルビウムフラクショナルレーザー

フラクショナルレーザーとは、細かく皮膚にレーザーで穴をあけることで皮膚のリモデリングを促します。マイクロニードル(ダーマペンやデルモペンなど)より、更に顔全体に等間隔かつ同じ深さで皮膚に穴をあけることが可能なです。ニキビ跡の治療方法としては、従来から行われている主流の治療法です。当院では更に成長因子という組織を修復する薬剤を同時に使用することで、凹凸の改善効果を更に高めるようにしております。ニキビ跡でお悩みの方は学生の方も多いです。学生の方にも施術を受けてい頂きやすい価格にしております。

マイクロニードリング

マイクロニードル(デルモペン)​

マイクロニードリングとは、マイクロニードルと呼ばれる非常に細かい針を用いて皮膚表面に微細な穴を空け、その穴を治そうとする、肌の持つ修復機能を利用して滑らかな肌を再生します。
また、無数に開いたメカニカルホールから美肌効果を高める薬剤を肌の深部に直接届けることができます。
これまで、同じ原理でダーマローラーと言われる手動の治療器具が広く用いられていましたが、痛みや出血やダウンタイムの長さなどで治療を断念される患者様も多くいらっしゃいました。

マイクロニードリングとは

これと比較して自動で針を動かす電動式デルモペンは針の深さや速さの変更ができるようになり、出血もわずかで、痛みも大幅に軽減され、より効果的で安定性のある治療法と言われています。
また成長因子という組織を修復する薬剤を同時に使用することで、凹凸の改善効果を更に高めるようにしております。

フラクショナルレーザーやマイクロニードリングはこんな悩みに対する治療法です

●ニキビ跡(クレーター症状)
●毛穴の開き
●細かいしわ
●スキンタイトニング

などに効果が高いと言われています。

リスク・副作用

ダーマローラーと比較して非常に少ないものの、部位や施術の深さによっては出血する場合もございます。

また、マイクロニードリングは非常に細い針を使用していおり、さらに麻酔を塗布しておりますので、痛みは最小限ですが完全に無痛というわけではありません。フラクショナルレーザーは痛みがマイクロニードリングより小さいため麻酔は不要です。

施術の深さや肌の状態によって、施術後は施術部位に関して赤みが出たり軽度の腫れ、カサカサ感、火照り感などが、1日~1週間程度続くことがあります。

治療時期を選んだり、針の深さを調整することで生活に支障なく治療できるように配慮いたしますのでご相談ください。

また、一定の確率で麻酔クリームや塗布する薬剤にアレルギー反応が出る場合がございます。

ニキビ痕の赤みにはレーザー治療

赤みを持つニキビにおすすめなのが光治療です。光治療はニキビの赤みのほかに、シミや小じわ、肌表面のたるみや毛穴の開きなど、老化にともなうさまざまな肌トラブルにも改善が期待できます。
当院では、赤みに対して高い効果を発揮するVbeamⅡという最新のレーザー治療器を採用しています。施術後は少し赤みが出る程度で、治療直後のお化粧も可能です。治療後に予定を入れても問題ありませんので、忙しい方や周囲に気づかれたくない方にもおすすめの治療法です。

治療はなにがある?保険診療内で認められいるニキビ治療のまとめ

治療はなにがある?信頼できるニキビ治療

現在、ニキビの治療薬でメインとなる塗り薬は、以前から使用されてきた外用抗菌薬に加えて近年使用可能となったアダパレン、過酸化ベンゾイルなどの毛穴のつまりをとるピーリング剤となります。
実際には重症度や時期に合わせてこれらを組み合わせたり、さらに飲み薬(内服抗菌薬、漢方薬など)や補助療法を追加して治療を行います。

塗り薬&飲み薬:抗菌薬​

1.過酸化ベンゾイル2.5%

●ニキビとその周辺の肌に塗ります。

●殺菌作用とピーリング効果があり、毛穴を詰まりにくくし、ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌します。

●炎症のない時期から、炎症のある赤ニキビまで幅広く使えます。

●皮膚刺激、皮膚が赤くなる、乾燥肌の誘発などの副作用があります。

2.アダパレン

●ニキビとその周辺の肌に塗ります。

●毛穴のつまりを取り除きます。

●ニキビの前段階である微小面ぽう、白ニキビ、黒ニキビを治療することができます。

●皮膚刺激、乾燥肌の誘発といった副作用があります。

3.クリンダマイシン1%と過酸化ベンゾイル3%の配合剤

●ニキビとその周辺の肌に塗ります。

●過酸化ベンゾイルと抗菌薬の配合薬であり、両方の効果が期待できます。

4.アダパレンと過酸化ベンゾイルの配合剤

●ニキビとその周辺の肌に塗ります。

●過酸化ベンゾイルとレチノイドの配合薬であり、両方の効果が期待できます。

5.抗菌薬

●塗り薬と飲み薬があります。

●炎症を起こした赤ニキビに短期間に使われます。

6.その他の治療

■ 面ぽう切開
 ニキビの内容物を出します。

■ 漢方治療
 他の治療だけでは不十分であったり、使用できない場合に使用する場合があります。

ニキビの洗顔の仕方は?

ニキビの洗顔の仕方は?

洗顔は朝晩の1日2回が基本です。アトピー性皮膚炎など乾燥肌の方は1日1回にしたほうが良い場合もあります。
洗顔をしたときは、肌質や併用している薬剤に応じて、それぞれの方が合う保湿剤を選択します。お化粧をしたときは、クレンジング剤を使ってお化粧をしっかりと落としてください。お化粧を肌に残すとニキビの原因になります。
鼻のきわやこめかみ、髪の毛の生えぎわなどは洗い残しの多い部分です。洗い残しもニキビの原因になりますので、注意して優しく洗い流しましょう。

肌に対して刺激の少ない洗顔ソープ アミノソープ

肌に対して刺激の少ない洗顔ソープ スキンピールバー

低刺激のAHA(グリコール酸)の力で、肌表面にたまった古い角質を優しくはがし、肌本来が持つキレイになろうとする力をサポートします。毎日の洗顔・ボディソープとしてお使いください。
ニキビになりやすい方、脂性肌の方、くすみも気になる方など、美肌を求める方におすすめの石鹸です。
泡タイプで、刺激性も低いため敏感肌の方や、お子様にお勧めの洗顔料です。

症例写真

区分 自由診療
施術名 ①ケミカルピーリング
②イオン導入
③外用治療
④内服薬治療
治療内容 下記4つの治療を並行して行う治療です。
①ピーリング作用のある薬剤を塗布する治療
②ビタミンCを肌の奥深くまで浸透させる治療
③ピーリング作用のある洗顔料
④抗菌・抗炎症作用・角質剥離作用のある薬剤を塗布する治療
施術回数 4回
費用 83,407円
リスク・副作用 赤み・腫れ・ヒリツキ・かぶれなどが生じる可能性があります。
施術前
内服・外用・ドクターズコスメを併用
Vビームを6回実施
マイクロニードル治療を6回実施
区分 自由診療
施術名 ①イソトレチノイン内服
②外用治療
③スキンピールバー
④ビタミンCローション
⑤Vビーム
⑥マイクロニードル
治療内容 下記6つの治療を並行して行う治療です。
①過剰な皮脂の産生防ぐ作用・抗炎症作用がある内服薬
②毛穴の詰まりを改善する作用・殺菌作用のあるが外用薬
③ピーリング作用のある洗顔料
④ビタミンCを配合した化粧品
⑤赤色に反応する赤ら顔・色素沈着を改善するレーザー
⑥皮膚表面に穴を空け、ニキビ跡・毛穴の広がりを改善する治療
施術回数・期間 ①〜④2か月 ⑤6回 ⑥7回
費用 386,648円
リスク・副作用 赤み・腫れ・ヒリツキ・かぶれ・火傷・出血などが生じる可能性があります。

料金

Q&A

Q.化粧品や市販の薬と病院の薬の違いは?

A.化粧品や市販の薬は、ニキビを予防する作用はありますが、ニキビの治療薬ではありません。病院で処方される薬は、有効性を十分に確認したうえで厚生労働省の承認を得たものです。
※当院では、国内未承認の薬剤であってもEUやアメリカのガイドライン等で推奨されている自費の薬剤も取り扱っております。

Q.ニキビ跡は消えますか?

A.自然に消えることもありますが、赤みや色素沈着が起こったり皮膚がクレーターのようにくぼんでしまったりすることもあります。跡が残ってしまった場合は、塗り薬、マイクロニードル、光治療などで治療をします。

Q.抗生物質は長く飲んでもよいのですか?

A.赤みがあるニキビや膿をもったニキビがある場合は、抗生物質の飲み薬を使用します。内服期間は1ヶ月~3ヶ月が理想ですが、実際は患者様の症状により異なります。抗生物質を長期的に内服すると、抗生物質の効かない菌が増えてくるケースがありますので、その点は注意が必要です。

Q.月経と関係があるって、本当ですか?

A.ニキビは性ホルモンの影響を受けるため、ホルモンバランスが変わる月経前にニキビの悪化が見られる患者様もいらっしゃいます。

Q.チョコレートを食べるとニキビが悪化するのですか?

A.現在のところ、チョコレート、ケーキ、ピーナッツなどの食物とニキビが関係しているという研究結果はあがっていません。特定の食物を制限するよりも、バランスのよい食事を心がけることをおすすめします。

文責:あつた皮ふ科クリニック院長
医師 日本皮膚科学会認定専門医
佐々木良輔

お気軽にお問い合わせください

正しい情報と確かな治療で、患者様の健やかなお肌を守るお手伝いができれば幸いです。
少しでも気になるところがあれば、ぜひ当院までご相談ください。