あつた科皮ふ科クリニックは、名古屋市熱田区野立町の皮膚科医院です/皮膚科、アレルギー科、小児皮膚科、美容皮膚科、皮膚外科

あつた皮ふ科クリニック/名古屋市熱田区の皮膚科医院電話052-228-8820 電話052-228-8820
アトピー性皮膚炎について

WEBご予約

医師(非常勤)・
看護師/ 医療事務・外来クラーク
(常勤・パート)募集中

問診票ダウンロード

あつた皮ふ科クリニック
名古屋市熱田区野立町1-49
 一般皮膚科、小児皮膚科、
 アレルギー科、美容皮膚科
 皮膚外科

アトピー性皮膚炎とは

乳幼児期に始まることが多く、よくなったり、悪くなったりをくり返しながら長期間続く皮膚炎です。

乳幼児期に始まったアトピー性皮膚炎が成人期まで続くこともあり、中には成人になってから始まる人もいます。

アトピー性皮膚炎は、近年、世界的に増加傾向にあります。日本の調査では3才までに、30%の子供がアトピー性皮膚炎と診断されたという報告もあります。

 

どんな症状なの?

どんな症状なの?典型的なアトピー性皮膚炎では、痒みのある湿疹が、おでこ、目・耳・口のまわり、唇、首、手足の関節の内側、胴体などに左右対称にみられます。

症状が出現するのは、早い例では生後2~6ヶ月もあります。

家族にアトピー性皮膚炎の方がいる場合や、ぜん息やアレルギー性鼻炎、花粉症などのアレルギー疾患を持つ場合、アトピー性皮膚炎になりやすいと判断できます。

 

 

年齢別アトピー性皮膚炎の症状
乳児期

乳児期この時期の症状の特徴はジクジクするということです。

額から頭にかけて黄白色のかさぶたがつく乳児脂漏性皮膚炎の症状とともに、頬~耳の前にかけてかさぶたのついた小さい赤いぶつぶつが集まりジクジクとした肌になります。

 

幼少児期

幼少児期1才以上になるとジクジクは改善していきますが、目や口の周り、頬が赤くなり、粉がふいたような状態となります。

この時期から全身の乾燥肌が目立ち、硬いブツブツが出てきて鳥肌のような状態となります。
特に肘、膝にガサガサとした皮疹ができやすく、耳たぶが切れるのも特徴です。

 

思春期、成人期

思春期、成人期大人になってからは上半身に発疹ができやすくなります。

より一層乾燥肌が目立ち、皮膚がぶ厚く硬くなります。このような症状は肘、膝、首の他にも体、手足、お尻など様々な場所にできてきます。

また、長年の引っ掻き行為や乾燥のため、皮膚は浅黒く変化したり、逆に白く抜けたりし、ゴワゴワとした肌になってきます。

 

※アトピー性皮膚炎が原因となる主な病気

  1. カポジ水痘様発疹症
    単純ヘルペスやコクサッキーウィルス、ワクチニアウィルスによる感染症。湿疹などの上に感染し、急速に拡大する。

  2. 伝染性膿痂疹(とびひ)
    黄色ブドウ球菌などによる細菌感染症。引っ掻いた部位に感染し、広がる。

  3. 伝染性軟属腫(水いぼ)
    伝染性軟属腫ウイルスによる皮膚への感染症。引っ掻いた部位に感染し、広がる。

  4. 網膜剥離・白内障などの眼科疾患
    顔の皮膚炎が重症の思春期以降の方に良く起こり、重度の視力障害につながることがある。

 

アトピー性皮膚炎の原因って?

詳しい原因はまだはっきりと分かっていませんが、遺伝的な要因と環境が大きく関連しています。

遺伝的な要因

家族にアトピー性皮膚炎の方がいる場合は、アトピー性皮膚炎になりやすい、ということが言えます。

近年フィラグリンという遺伝子の変異がアトピー性皮膚炎の発症に関係しているという報告がなされ、遺伝的要因の強い疾患であると考えられています。

■ お子さんがアトピー性皮膚炎になるのでは?と不安なお父さん、お母さんへ

不安なお父さん、お母さんへまだ生まれていないけれど、まだ皮膚炎はないけれど、遺伝的に我が子がアトピー性皮膚炎になりやすいのでは?と心配な方もいらっしゃると思います。

最近の研究で、遺伝的にアトピー性皮膚炎になりやすいと思われる赤ちゃんでも生後直後から保湿剤を毎日塗ることでアトピー性皮膚炎となるのを30%も減らすことができるということがわかりました。

これは、アトピー性皮膚炎は遺伝的に皮膚のバリアが低下していることが一つの原因となっており、それを外から補ってあげることでアトピー性皮膚炎になりにくい状態を作ることができるから、と考えられています。

 

環境要因

遺伝的な体質に加え、アトピー性皮膚炎の発症や重症度に大きく関与するのが環境要因です。遺伝子は変えられませんが、環境因子をできるだけ取り除いてあげることで発症を抑えたり悪化をさせないようにしたりすることができます。

アトピー性皮膚炎を悪化させる代表的なものをあげます。 環境要因

  • 皮膚の汚れ
  • 衣類による刺激
  • 季節
  • ストレス 
  • ほこり
  • ダニ
  • カビ
  • 花粉
  • 食べ物 など

※悪循環を引き起こすアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の方は皮膚のバリアが弱い状態にあります。そこに悪化するものが加わると体内に刺激が入り、強くかゆみを伴う皮膚炎(湿疹)ができます。すると湿疹そのものや、引っ掻き行為がさらに皮膚のバリアを壊してしまうため、さらなる湿疹を引き起こす、という悪循環をもたらします。この悪循環を断ち切るためにも早期の治療が重要となります。そして落ち着いた状態では、皮膚のバリアを補う保湿剤の塗布や環境因子の除去が次の悪化の予防となります。


アトピー性皮膚炎かどうか調べてほしい!!

アトピー性皮膚炎かどうか検査で調べることはできません。

しかし、アレルギーの強さや悪化させる因子を血液検査で大まかに調べることは可能です。

当院では必要に応じて血液検査を実施しています。結果が出たら医師とともに確認し、日常生活での注意点などの指導を行います。

 

 

治療はやっぱりステロイド?他にも治療法があるってホント?

治療法には主に外用療法と内服療法があります。

現在は様々な治療薬が存在し、これらをうまく使い分けて、症状がないか,日常生活に支障がない程度の症状で,薬物治療もあまり必要としない状態に到達し,その状態を維持することを目標とします。

外用療法

● ステロイド外用薬

ステロイド外用薬はアトピー性皮膚炎の最も一般的な治療法です。
ステロイドは、アトピー性皮膚炎の悪循環を断ち切るのに有効です。悪循環を断ち切るだけで、長期間健康な肌を保つことができる方もたくさんみえます。
ステロイドには5段階で強さが分かれており、副作用に注意しながら部位や症状によってうまく使い分けて使用していきます。

● タクロリムス軟膏

ステロイド外用薬に代わる新しい薬で、ステロイドとは異なる作用で治療していきます。副作用が少ない点で非常に優れています。塗る量や年齢に制限があるので、実際はステロイドとうまく組み合わせて使用していきます。
0.1%成人用と0.03%小児用がありますが、2歳未満の小児には現時点では使用できません。ただアメリカ皮膚科学会のガイドラインでは2歳未満も、タクロリムスは安全で効果的であるとされており、将来的に日本でも2歳未満に使用可能になるかもしれません。

きれいな肌を保つために、プロアクティブ療法  

プロアクティブ(proactive)療法は,繰り返す皮疹がある場合、比較的よくなった状態の時に保湿によるスキンケアに加え、ステロイド外用薬やタクロリムス外用薬を定期的に(週 2 回など)使用して,きれいな状態を維持する治療法です。

アトピー性皮膚炎では炎症が軽快して一見正常に見える皮膚もまだ完全には治っておらず、またすぐに悪化する場合があります。この時期はプロアクティブ療法を行うことによって、次の悪化を予防することができます。

 

内服療法

● シクロスポリン内服

比較的新しい治療法です。塗り薬の治療で効果が不十分で、症状が重い方に用いる治療法です。1日1~2回の内服で、赤ら顔やかゆみに対して投与後の早い段階で効果が実感できます。症状が落ち着いたら3か月程度で他の治療法に戻すか、一定期間休みを設けることで安全に使用できます。

● 抗ヒスタミン薬

主に痒みを抑えるために用いる薬です。
抗ヒスタミン薬は花粉症などで一般的にも馴染みのある薬ですね。アトピー性皮膚炎の治療ではステロイドやタクロリムスなどの外用薬の補助として勧められています。

● ステロイド内服

急に悪くなったアトピー性皮膚炎や重症・最重症の場合に用いられることがあります。長期間のステロイド内服には様々な全身性副作用があることから,ステロイド内服薬を長期間使用することはありません。

● 漢方療法

他の治療では不十分な場合に補助的に用います。

その他の療法

● 紫外線療法

紫外線療法は,ほかの治療では不十分な場合や,使用できない場合に用います。アレルギー反応を抑え、かゆみに効果があることが分かっています。

 

他にも当院では、できるだけ薬を使わず悪化を防ぐためのスキンケアの正しい方法や日常生活で気を付けていただくことなど、生活指導も随時行っております。

新生児期から保湿剤を外用することで
アトピー性皮膚炎の発症を30%減らせるという報告がされています

名古屋市熱田区野立町の皮膚科・あつた皮ふ科クリニック/ 後ぴ-姓皮膚炎治療、小児皮膚科、アレルギー科、美容皮膚科、皮膚外科/地下鉄日比野駅徒歩9分

 

様々な肌のトラブルに対応します初めての方も安心して、お気軽にご相談ください

 

 

あつた皮ふ科クリニックは、名古屋市の地域のみなさまに寄り添い、お肌の健康と笑顔をお守りいたします